音楽監督  
箕輪久夫
画像は箕輪監督の写真 クリックで監督の音楽歴 東京藝術大学声楽科卒。故・渡邉高之助氏に師事。
バリトン歌手としてリサイタル十数回開催。第九、メサイア等のソロ活動の他、指揮者としてJune、新大室内合唱団、合唱団Lalari、合唱団にいがた、アンサンブル・ロゼ、新潟第九合唱団等を指揮。1994年(June)、2000年・2006年・2008年(新大室内合唱団)に全日本合唱コンクール全国大会で金賞受賞。
新大オペラ研究会、新潟オペラ協会等においてオペラ制作・指揮、NAC(新潟アジア文化祭)コーラスセッションのプロデュース・指揮等の活動を行った。新潟大学名誉教授。全日本合唱連盟名誉会員。東京藝術大学同声会新潟県支部長。新潟日報メディアシップカルチャースクール講師。2008年秋の叙勲で瑞宝小綬章を受章。

合唱団にいがたの20年  ー 創設の頃と今 ー
 年末になると各地で開かれる第九演奏会、大勢の合唱団員が集まりどこも大入りの盛況で正に国民的な行事になっています。新潟の第九も毎年行われており、私もまたほぼ毎年合唱指揮に携わってきました。ベートーヴェンの名曲の魅力によるところが多いのですが、オーケストラと合唱による名曲は数多くあるのだからもっと第九以外の演奏会があってもいいのに という思いから 平成4年の第九演奏会の折に何人かが発起人になり合唱団にいがたが創設されました。幸いいろいろなオーケストラのコンサートで共演させて頂き、第一回の自主公演ハイドン「四季」演奏に漕ぎ着けました。プログラムを辿ってみると賛助出演を含めて150人を超す大合唱団で順調な滑り出しでした。
 その後モーツァルト「レクィエム」、ハイドン「四季」の再演、アジア文化祭への参加 NAC合唱団の中心メンバーとして池辺晋一郎「家族あわせ」(委嘱新作・カワイ楽譜出版)、芸文オープニングコンサートへの参加 マーラー「復活」など演奏の機会を得ることができました。
 大規模コンサートを開くには経費がかかり大きなエネルギーが必要です。息切れもあってその後はやや活動が消極的になり団員も減少気味でしたが、一昨年久しぶりに自主公演 モーツァルト「戴冠ミサ」他 を開催しました。
 続いてこの度は大規模合唱曲としてはおそらく第九の次くらいに上演回数の多いヘンデル「メサイア」演奏会開催を決定し、約100人の合唱団、4人のソリスト、今回はパイプオルガンとの共演という試みで4/10無事公演を終了しました。ある方から「たいへん心に響く演奏」とお便り頂き、またアンケートも総じて好評のようで嬉しく思います。出演者の熱い思いが伝わり、指揮者冥利につきるコンサートでした。一つの目標に向かって各人が力を出し合って何かを創り出す作業は素晴らしい事と思います。
 また次の目標に向けて進みます。新しいメンバーの皆さんの入団をお待ちしています。


HOME
TOPにもどる



inserted by FC2 system